個人事業主と株式会社の違い

トップページ 個人事業主と株式会社の違い

個人事業主と株式会社の違い

自分の会社を立ち上げるには、個人事業と株式会社のどちらがいいのか?という悩みをよく聞きますが、これはその違いをまずしっかり理解してから考えていきましょう。

 

個人事業主と株式会社の違いとしてはまず、その設立から異なってきます。個人事業主は無料ですが、株式会社の場合は25万円程度かかります。

 

また個人事業には定款は必要ありませんが、株式会社は必要であり、定款に記載している以外の業務はできません。税金も異なります。個人事業主は確定申告か青色申告によって納税しますが、株式会社の場合は法人税の申告によって納税され、また厳密な簿記記帳が必要となってきます。

 

また、給料面でも大きく差がでます。個人事業の給料は収入から経費を引いたものですので、もしも赤字となれば給料は無しです。しかし株式会社の場合は、社長の給料も会社の経費となりますので、赤字でも給料がもらうことができます。

 

また、事業者の責任も大きく異なります。個人事業主は無限責任となっており、事業破綻時には事業主の全財産を処分して負債を弁済する義務がありますが、株式会社の場合は有限責任となっており、法人と個人の財産が区分されているので負債の弁済は、代表取締役個人にはかかってきません。

 

ただし、代表取締役が負債の連帯保証をしている場合には責任を負わなければいけなくなります。こういった違いを見比べてみて、自分のしたい事業の経営形態にそった方を選びましょう。尚、個人事業を立ち上げてからそれを後から株式会社にすることも可能ですよ。